ハロウィン。と、告知。


こんばんは。なにやら街中ハロウィンですね。
『Sweets × Girls Pencil Sketch & Post Card Design』@下北沢mona records 2F
展示は日付替わって本日31日までです。
沢山の方に足を運んで頂き、また気に掛けて頂き、光栄に思います。
また、お食事にいらした方々にも、楽しんで頂けましたようで、嬉しいです。
ありがとうございます。
続きを読む→

展示 A。


 席に着いて、彼女は注文の品が届くまでの間、しばし窓外の雑踏に見惚れた。交差点からほど近い、街路樹の木陰に位置するビルの2階、カフェのカウンターからガラス越しに眺める街の人混みは、賑やかな彩りで、彼女の目を奪っては忙しかった。

 同じようにこの雑踏を視界に入れながら、交差する人はそれぞれに、どんな想いを抱えているだろう。
近いようで遠く、繋がったようでそれぞれの、私たちが、関わり合いながらも、まるで異次元の世界を渡る者のように、お互いを知らず、取り留めのない毎日を歩いている。
 地下鉄への階段へ急いで信号の点滅を数える人、苛立を背に休息を求めて路地へ逃れる人、開いた春の到来に訳もなく上向いて空を仰ぐ人、染み付いた面影を探すように通りの向こうを振り向く人。
 それぞれのそのときの感覚で、交差点を過ぎる車を、木漏れ日を、雲影を、歩道橋の脇の看板を、窓辺の装飾を、捉えていただろう。

 そして今、彼女はこの情景に、何を想うだろう。

 —————ぼんやりと頬杖を付いたカウンターに、明るい桃色の果実ソースが可愛らしい、華やかなパフェが届けられた。なんとなく、携帯のカメラで撮影してから、ミントを外し、クリームを掬って、一口。
 思いの外、すっとしたやわらかな甘さが、ふいに彼女の胸を突く。
 妙な解釈ながら、その甘さに気持ちをほぐされた彼女は、呟いた。
「私に足りなかったのは、このパフェのような、華やかさだろうか。優しさだろうか。」と。
 桃色の愛らしい世界を好む感覚を、彼女はずっと認めることが出来ずにいた。ホイップの形も、クリームの甘さも、女性らしさも、やわらかな想いも。普段の彼女は確かに、涼やかな青をよく身に付け、物事の解釈も選ぶ言葉も、どこか清々しかった。その彼女らしさを、自身心地良く思っていたことだろう。自然に振る舞うことと、自分らしさを意識して、沸き上がる想いを掻き消してしまうこととの、境界線を迷ってしまうまでは。

 素直になることは強さなのだろう。その強さを、持てたらと、今になって彼女は願う。想いを寄せたその人の救いに成れたらとして、想いを表現することは簡単だった。しかし、真っ直ぐに彼女自身の想いを願うことは何故か難しかった。願ってはいけないようにも思っていた。また、やわらかであることは、脆さを剥き出しにすることでもあった。彼女はそれを、恐がっていたようだった。
 だから、このパフェのような可愛らしさが、羨ましく、憧れだったのだ。
 自身の不器用さに気付かされながら、彼女は再び優しい甘さを口に運んだ。視界には変わらない雑踏が映っている。ソースを絡めて、グラスの右端から少しずつ崩して、彼女はパフェを頬張る。過ぎ行く人の交差の中に、彼女とは違う世界を生きるような、想いを寄せたその人の面影が映る。想いが象らせた面影なはずだろうに、その横顔は一度も彼女を振り向くことはなかった。忙しそうに、雑踏の中に紛れていく。
 それでも彼女は、消えていく面影を見詰めながら、クリームを掬って、スプーンを口元に。そして溶けていく優しさにそっと甘えた。華やかで可愛らしい桃色を味わいながら、離れて滲んでいく面影に、やっと、心の底から甘えることが出来た。

A_op_01

 

展示 D。


D_line_展示用_op_01

展示 C。


 駅前のクレープ専門店がリニュアルオープンした。9月2日、月曜日の朝にお披露目となった改装後の店は、爽やかなグラスグリーンとオレンジを基調とした内装で、店一押しメニューとされるバレンシアオレンジを意識させるビビットなオレンジ色の看板を掲げていた。
 これまでの、パステルカラーでまとめたポップで女性らしい可愛さのデザインとは、大きく異なる。クレープの生地はもちろん、バラエティに富んだメニューのそれぞれを彩る、果実の新鮮さやソースの風味、デザイン的ビジュアルへのこだわりを強くアピールする形となった。
 席に着いて珈琲や紅茶を飲みながら、ナイフとフォークで優雅に味わうも良し。また、テイクアウトして街を歩きながら気軽に楽しむも良し。甘いメニューだけでなく、チーズや玉子、野菜を包んだ食事向きのメニューも豊富ゆえに、若い女性やカップルだけでなく、休日には家族連れが、賑やかにテーブルを囲む様子も想像出来る。
 今週末には、このカラフルな彩りのクレープと鮮やかなパッケージデザインが、街を楽しげな空気に包むことだろう。

(※展示用の記事です。※一部誤字修正しました)

C_op_02

 店先にはホイップを絞り出した形が並ぶ看板が目を引いている。
 テーマカラーで纏められた店内にも、天井やカウンターと、実はいたるところにこの立体ホイップモチーフがある。まだ計画段階だが、近々、リニュアルを記念して、このモチーフでいくつかのオリジナルグッズが制作されるとのこと。
 スイーツモチーフで確固たる地位を確立したあの有名デザイナーが今回のリニュアルに携わっているのは、弊社の記事やニュースなどで皆さん既にご存知のことと思うが。店主の熱意を受け、またそのコンセプトがデザイナーの想いと熱く共鳴していることが今回のリニュアルを通してより明らかになったことを受けての企画であるらしい。
 両者の想いについては、今後また改めて伺わせて頂くことになっている。

近々実現となるであろうこのオリジナルグッズの展開を、記事と合わせて楽しみにしていて欲しい。

(※念のためですが、フィクションです。展示用の記事です。)
(最初の記事に、お恥ずかしい変換ミスが2つほどありました。)
(看板は表から見るときっとオレンジ色です…)><)

C_op_01_s

展示 B。


あれほど鬱陶しく感じた、強い湿気の暑い日々が立ち去って、
抜ける青空と黄金色の西日が街を包むようになると、
後は忙しく木枯らしを呼ぶだけの、ほんの僅かな目映さと知ってか、
秋は、胸苦しい愛しさで輝き始める。

全てを失ったような気になった、十数年前の青い日も、秋の真ん中だった。
その数年後に、新たに生きる意味を探したのも、秋の黄金の中心だった。

肌に寄り添うような夏の熱気と日差しの錯覚を失って、唐突に孤独を思い知る季節。
秋は空虚のような、乾いた風を連れて、それでも目の眩むような美しい色彩で魅せる。

冬へと閉じていく前に、あと何度と、晴天を数えた。
例えこのまま晴れ間を見ずに冬に向かったとしても。あたたかい一時を、今、手に入れる。
珈琲や紅茶、ホットミルクも良い。
凍える街並を窓の向こうに眺めながら、あたたかいホットドリンクと、
目に華やかで甘く優しいカップケーキを。心をほどく、ひとときを楽しもう。
2013card_B_sam_ssbB_op_sam_01のコピー

展示のこすところあと4日。


こんばんは。
台風が去って、もう夏に戻らないと思わせる木枯らしが吹き抜く、盛大な晴天でしたね。

『Sweets × Girls Pencil Sketch & Post Card Design』@下北沢mona records 2F
展示(原画+カードデザイン展開)、残すところあと4日。
お気に留めて頂けました際には、ぜひ下北沢のカフェへ足を運んで頂けますと幸いです。
いらして下さっているときに、私が外してしまっていたこともありまして。
申し訳ないです。ありがとうございます。

28日(月)は未定です。(もしかしたら遅い時間にちらり)
29日(火)30日(水)は夕方以降お店に向く予定です。
31日(木)最終日の展示は22時頃まで。(※お店は24時までです)
ここも夕方以降様子をみてお店にいる予定です。

⇒変更もあるかもしれません。
お越し頂けます際はぜひご連絡下さいませ_ _)☆

スイーツを味わうときの、
美味しさもちろん、心の栄養をもらう感覚。
甘さが優しさのように包むひととき。
無意識に気が張っているときに食べたスイーツが思いのほか心を解すことがある。
例えばこんな… の、スイーツを楽しむ女の子をイラストにして。
場面背景を仮定して文章を起こし、デザイン展開しています。

鉛筆原画の生のニュアンスと(黒の額装)、
デザイン、
そして文章を、
お店の美味しいスイーツやご飯とともに、
楽しんで頂けますと幸いです☆

お店の展示紹介はこちら⇒

よろしくお願いいたします。

健康に生きましょう。
また。
———- ——— ———- ———- ———-
イラスト一部紹介します◎
C_line_sam_ss

イベント無事終了です◎


こんばんは☆
また台風がやって来ていますね。
今回は強く警戒がなされているように思いますが、皆大丈夫でありますように。

mona recordsさん2Fにて開催いたしました、コラボレーションライブ。
無事終了いたしました◎
お忙しい合間を縫ってお集り頂きました皆様、お気に留めて下さいました皆様。
そして、素敵なステージで会場をあたためて下さったmai sheepさんのお二人。
想いを込めてお客様を導いて下さったコンノアキコさん、サポートのお二人。
この機会を下さいましたmona records様。
本当にありがとうございました☆

初ライブペイントは、時間足りずに、はじめの一歩としてもまだまだな出来となりましたが。
間近で演奏を聴き、あたたく向かえて頂けて、すごく贅沢な時間を過ごさせて頂けました◎
そのはじめの一歩の作品を紹介します。
これと別に記念にイラストを、と思っていたのですが。
せっかくのその場の雰囲気を持った絵なので、ライブの絵は画像にて残しまして、この空気を壊さぬように、絵として完成させたいと思います。

会場の雰囲気を頂いた写真でご紹介します。
展示中のイラストや文章を、間近で丁寧に観て頂けて、とても嬉しかったです。
展示は今月いっぱい◎
お時間あいますれば、ぜひ息抜きにいらして下さいませ☆
展示詳細はこちら⇒

 
そぅそぅ、展示中のイラストがmai sheepのユウリさんに似ているのです◎
チェックしてみて下さいませ☆
2013-10-24 21.57.511383925_218758844967670_1311391015_n
———- ———- ———- ———- ———-
A_line_sam_color
1376354_218758938300994_1625090058_n

イベントもうすぐ◎


おはようございます。こんばんは。ん?

先週より始まりましたmona records さん2Fでの展示、ご覧頂きました皆様、ありがとうございます。
気にかけて下さいます皆様、ありがとうございます。
_ _)☆

壁面の4カ所にそれぞれポストカードデザイン展開しております。
各箇所の黒の額装が、鉛筆原画です。
他の額装は、デザイン編集後のものを更に編集して、
やや引き延ばしてセピアやモノクロ出力してあります。
合わせた舞台背景として文章も、ちらり、楽しんで頂けますと幸いです◎

そして、いよいよ明日にせまりましたイベント!
シンガーソングライターのコンノアキコさんとコラボさせて頂きます。
2Fのカフェでの貸切ライブイベントです。

受付でチャージを頂きます。ご飯はいつものメニューを別料金ですがお楽しみ頂けます◎ 展示のあるフロアで、ゆったーり楽しんで頂けますと幸いです。

コンノさんはつい先日、地元秋田でのツアーを終えられたばかり。
あたたかい想いを乗せてステージを作ってくださること受け合い◎
今回は展示テーマ『Sweets × Girls』に合わせて曲をセレクト下さいまして。
Vo.コンノアキコ Gt.宇田大志 Perc.増田亮 の編成でのご出演です。
コンノさんのblogはこちら⇒
そして、オープニングアクトとしてmai sheepのお二人がご出演下さることに◎
ときおりmonaさんBGMで聴こえてくる柔らかい唄声をお聴かせ頂けます。
HPはこちら⇒

おまけのようにお知らせさせて頂きますが、
私、初、ライブペイントさせて頂きます。
普段、数十時間かけて小さい画面をちびりちびり埋める描き方をしておりまして。
短時間で描き切るなんて..°-°;)ぇぇと。
色々考えまして、小さめの画面で、スケッチのつもりで、お店の端っこで描かせて頂きまする。
|ω・)なんて、いえ、頑張ります。
どうぞよろしくお願いいたします。
イベント、展示の詳細はこちら

20131024_fly

 

そしてそして、週末限定ではありますが、Night★Cap Story から 8作品を座敷奥にて上映頂いております。チェック頂けますと幸いです。

NCS_FB

展示はじまりました。


こんばんは。
すごく大きな台風接近。大丈夫でありますように。
気を付けて過ごしましょう。

一昨日昨日と、搬入・設営作業して参りました。
装飾これからも少し増やしたりする予定ではありますが、
無事設営終了です◎ なんとか間に合いました。良かった。
遅ればせながら宛名書きを進めつつ。サッカー観戦しまして☆
(小さいブラウン管テレビ画面で;_;)(大画面うらやましぃ;_;)
 でも楽しかったです。ありがとうござぃます。

展示の様子、記事のうしろに写真乗せます。(後ほど)
ポストカードはもちろんですが、鉛筆原画、実物のニュアンスは独特と思います。
イラストをもとに場面の文章を起こして、架空の雑誌ページや新聞として展示しています。
(ちょこっとだけですが)
合わせて楽しんで頂けますと幸いです。

ちなみに、白い小さい鳥かごを座敷の方展示スペースに飾っているのですが。
※フタは開かないように作られています。

中に昨年パフェご注文の特典としてプレゼントさせて頂きましたハロウィンバッジが入っています。このハロウィンバッジ、上手に取れた方にはそのままプレゼント◎させて頂きます。
※釘が抜けやすいので そぉっと、注意しながらどうぞ_ _)

———- ———- ———- ———- ———-
『Sweets × Girls  Pencil Sketch & Post Card Design』

2013年10月15日(火)〜10月31日(木)
下北沢mona records
open 12:00 / close 24:00 (L.O.about 23:00)
東京都世田谷区北沢2-13-5 伊奈ビル2F
03-5787-3326

展示のご紹介頂いております☆_ _)⇒

———-☆———- ———- ———- ———-
『Sweets × Girls  Collaboration Live』

カフェフロア貸切のコンノアキコさんライブイベント。
10月24日(木)open 19:30 / start 20:00
charge ¥2,500 (フード・ドリンク別 いつものメニューご注文頂けます)
美味しいご飯とライブを、展示フロアにてゆるりとお楽しみ頂けるかと。

コンノさんのblogはコチラ⇒
イベント、mona recordsさんでピックアップ頂いております☆_ _)⇒

ご都合合いますれば是非ぜひ、遊びにいらして下さいませ。
ご連絡お待ちしております。

健康に生きましょう。
また。

2013-10-15 2013card_D